「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!


上を向いて歩こう。視線を変えよう
 イメージしてみてください。
TVから映し出される、『働くビジネスマンが、外を歩く通勤の姿(東京など都市部)』ってどんな光景が頭をよぎるでしょうか?

 私は、「視線がうつむき加減で、駅から歩道を足早に歩いている姿」なんかをイメージしてしまいます。その表情は、明るい感じではなく、難しい顔をしているネガティブなイメージです。

 皆さんのイメージは、どのようなものでしたか?

働くビジネスマンの通勤の姿をイメージして、過去のある調査では、「明るい」、「笑顔」、「ハッピー」などのポジティブなイメージを浮かべられた方は少数派だったといいます。

 では、なぜ私も感じたように大多数がネガティブに感じたのか?
その理由のひとつとして、「視線がうつむき加減」というのが影響していると言われています。

実際、「視線がうつむき加減の人」と「視線を高めにキープしている人」との印象では、圧倒的に、「視線を高めにキープしている人」の方が、活力やパワー、自信、といったものが満ち溢れているように感じるといいます。

見た目だけですが、随分と印象が違うものなのです。

また、実際に人が「うつむき加減」で過ごすのと、「視線を高めにキープ」して過ごすのとでは、後者の方が晴れやかな気分で過ごせるといわれています。

これは、視界の広さや五感から得られる情報量が影響しているといわれています。
「うつむき加減」で過ごせば、視界が狭く、五感から入ってくる情報も少なくなるので、脳への刺激が少ないことで、脳は今ある情報で、考え込むループをする癖があります。
逆に、「視線を高めにキープ」すれば、視界が開けて、五感から入ってくる情報が多くなる為に、脳が刺激されてイキイキとするのだといいます。

 「視線を高めにキープ」することで、脳への程よい刺激を加えられて、メンタルが改善されるといわれています。

 ここで、面白い例を挙げてみましょう。
 ここ数年で一気に普及したスマートフォン。 住宅設備機器メーカーに勤務するFさんは、日常の何気ない風景の中でも、ポジティブな情報はたくさん眠っているハズだと思い、『綺麗だな』とか『癒されるな』、『面白いな』、などと思ったものを、通勤や空いた時間に、スマートフォンのカメラで撮るようになりました。

 毎日撮りだして、1ヶ月。 その写真群を見てみてびっくりしたそうです。
 ほとんどの写真には「空」が写り、街中の景色も、上を見上げる景色が大半を占めていたといいます。
 そのFさん曰く、「いつもで下の方ばかり見て歩いていたので、何かポジティブな情報を得るためには、自然と視界が上がっていき、空の美しさや、高い緑の木々などに眼が向くようになったといいます。

人は、視線を変えることで、視界や五感から得られる情報量は格段に上がります。
 そこからは、意識しなければ見えていなかった景色が見えてきます。

 一度、最寄駅から会社までの徒歩の時間、視線を高めにキープしてみましょう。
 同じ通いなれた道でも、今まで、見えていなかった景色が見えてくるかもしれません。


アラサーの社員の苦悩プレッシャーと戦う桜今日はどんな音楽を聴きますか?ヨガでリセット“開き直り”のお手本片付け上手になろう見られて安心な足元ブルーマンデーを乗り切ろう遠慮せず有休をとろう毎日30分の努力コミュニケーションは挨拶から?できることはすぐやろう寂しいお酒は飲みすぎない買い過ぎるのも心のサイン快眠のススメ5月病の乗り切り方時計で変わる、あなたの印象相手を映す鏡になろうアイコンタクトで気持ちを伝える相槌上手は聞き上手アロマでストレス発散自転車通勤のススメ報告ばかり求める上司幸せを感じる能力が鈍感になっていませんか?最近の飲みニケーションについて管理職のストレスケア真面目な人ほど、リラックスや楽しむことが不得意人と会いたくないメカニズム脳と身体は繋がっているストレスを開放できる場所を持っていますか?時間に忙殺されている人の思考時間に忙殺されている時の対処法2つの効果的な休日の過ごし方ワクワク体験を増やす感謝したこと上を向いて歩こう。視線を変えようお金との付き合い能動的な小さな変化「やりたいこと」、「やってみたいこと」の扉ストレスを解消するイベント中国の寓話から学ぶ「自分軸」毎朝、快適に起きるために自身のテンションをコントロールする人生は小さな選択の積み重ね苦手な人への最初のアプローチAll or Nothing mind愚痴をこぼすという行為寝付けない時の対処法ご褒美を与える頑張りたいけど不安が拭えないときはどんな決断でも、後悔は残るもの@どんな決断でも、後悔は残るものAイライラが解消できないときの対処法低いテンションでネガティブなときは小さな目標からスタートする感情の波を乗りこなす
Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.