「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!


そもそもストレスって何?
ストレスはもともと工学系で使われていた言葉でひずみと言う意味です。
医学的には「なんらかの刺激が体に加えられた結果、体が示したゆがみや変調」のこと。そして、その原因となる刺激のことを、ストレッサーといいます。 ゴムボールを指で押すと、ボールはゆがんだ状態になります。これが「ストレス」です。そして、押している指が「ストレッサー」になります。 指を離せば、ボールは元の丸い形に戻りますが、いつもいつも抑えつけていたら、 ゆがんだまま。体もおなじことです。
ストレスは、外的な刺激を意味しており、たとえば、単純な、暑い・寒い・痛いなどもストレスになりえます。しかし、暑ければクーラーを入れればいいし、寒ければコートを着れば対応ができます。現在社会でストレスといわれるのは、精神的な現象を指します。交通事故、デート、結婚、転勤、昇格などで、特に配偶者の死は最もストレス度が高いと言われています。

ある程度人生にストレスは必要
カナダの生理学者セリエが「ストレスは人生のスパイス」といっているように、ストレスは人生を送る上においてある程度必要なものです。しかしストレスは強すぎても弱すぎても良くありません。善玉ストレスは適切な目標を果たすときのエンジンとなり、責任とそれに伴う緊張感により生活に張りが出ます。しかし、悪玉ストレス(強すぎる過重なストレス)は人を追い込みプレッシャーとなります。

ストレスに強い人と弱い人
世の中には人間関係においてストレスに強い人種と弱い人種がいるようです。ある人にとっては非常に耐えがたいストレスフルな出来事もある人にとっては全くストレスにはならずに逆に楽しめる出来事になります。ストレスは個人によって全くバラバラな反応で、またその強弱も個々人で千差万別になります。同じ一人の人間をとっても、あるストレスには非常に強いのに、別の種類のストレスには滅法弱いこともあります。どんなストレッサー(ストレスフルな出来事)にもいつでも強い人間はありえないのです。

まったく同じストレスを受けても人によってそれを受け入れられる人、拒否反応を示す人がいます。いまある環境をどう受け止めるかは個人の問題なのです。ここを認識することがまずストレスを理解する第一歩です。ストレスのかかる職場にいても、そのストレスを受け流すか、打ち負かされるか、どちらもあなたが選択できるのです。

わかりやすいように、物理的な力を例にとりましょう。
人によって持ち上げられる重さは違います。ある人は100kgを簡単に持ち上げられるかもしれませんが、年配の人には10kgでも持ち上げるのが困難な人もいます。
ストレスもこれが心・精神に置き換わるだけで、結局は同じなのです。


そもそもストレスって何?ストレスは思考のクセからきているABC理論で思考を変えよう思考と感情を知ればストレスは消える「ねばならぬ思考」が自分を追い詰める実はストレスではなくストレインが問題?すべての「変化」は、ストレスになり得るストレスは、何も悪ばかりではない。重要なのはコントロールストレス下では適切な判断が下せない?!』ストレスには個人差が生じるストレスと認知ストレスに対処するコーピング手法刺激(ストレッサー)へのコーピング評価へのコーピング反応へのコーピング社会的支援によるコーピングコーピングの進め方認知のゆがみを正すセルフトークマイナスのセルフトーククリップ法で自己認識輪ゴムを使ったコーピング深呼吸によるコーピングマインドからのコーピング人は意識的に選んだ景色を見ているマインドチャンネルの切り替え方ホメオスタシス・恒常性大切な自分自身との対話朝鮮戦争での最悪の心理戦コントロール感覚と無力感褒められる体験で人は伸びる悲観的になりがちな一般的評価のやり方生きていくために不安や恐れがある現代社会における不安や恐れ沈む気持ちを跳ね返す方法
Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.