「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!


ホメオスタシス・恒常性
仕事において、『「やりたい!」「やります!」といって仕事を引き受けたものの、なぜか、なかなか手がつけられず、納期が迫っている・・・。やらなきゃいけないけど・・・。』 そんなこと、ありませんか?
 こういう場合は、たいていイライラしますし、ストレスが溜まるものです。

 なぜ、あの時、「その仕事をやりたい!」「やります!」なんて答えてしまったのだろう。 なぜ、あの時のやる気や熱が冷めてしまっているのだろう?と思いませんか?

 これは、メンタルにおける人の無意識の部分にある性質が影響しています。
 人には、「常に、その状態でいよう」とする性質があるのです。
 例えば。暑ければ、汗を出して体温を下げようとしますし、寒ければ、筋肉を震わせて体温を上げようとします。

 こういった常に元に戻ろうとする現象を、「ホメオスタシス」といいます。 日本語では、「恒常性」と言われています。

 それは、感情も同じです。
一気に気持ちが盛り上がれば、一気に落ちる。
好きな人への愛情が、急にバタリと途絶える。
一人のままの方が気楽でいいのではないか? この人と結婚してもいいのか?
ちょっと視点を変えれば、ダイエットもそうです。 痩せようとして、我慢して急激にダイエットをしても、リバウンドがくる。

これ、全部、心が元に戻ろうとしていることに起因しているのです。 そう、「ホメオスタシス」の仕業です。

だから、『やろう!』『変わろう!』と思って、意気込んで、思ったように続かなかったり、結果が得られなかったりしても、身体や心の仕組みからすれば当たり前のことなのです。 そういったことで、ストレスを感じたり、イライラしたり、自分の評価を下げるようなことをせず、『そうなるのが当たり前のことなのだ』と思えることだけで随分と楽になれます。

では、どうすればいいのか?
「変化は、ゆっくり、ゆっくりと進めていく方がいい」のです。 新しいものを少しずつ慣らし、十分に馴染んでから次へと。それが、結果として、一番ストレスを溜めず、我慢せず、早く変化することができるのです。

例えば、『やる気が落ちてきた』と感じたとき、「今は、ホメオスタシスが働いて、自分をやる気のない元の自分に戻ろうとしているのだ」と理解できれば、今、無理なくやれることから、少しずつやっていこうと、思えると思います。 そうやって「ホメオスタシス」の存在を知るだけで、思考に合点を得て、メンタルをコントロールしやすくなるのです。


そもそもストレスって何?ストレスは思考のクセからきているABC理論で思考を変えよう思考と感情を知ればストレスは消える「ねばならぬ思考」が自分を追い詰める実はストレスではなくストレインが問題?すべての「変化」は、ストレスになり得るストレスは、何も悪ばかりではない。重要なのはコントロールストレス下では適切な判断が下せない?!』ストレスには個人差が生じるストレスと認知ストレスに対処するコーピング手法刺激(ストレッサー)へのコーピング評価へのコーピング反応へのコーピング社会的支援によるコーピングコーピングの進め方認知のゆがみを正すセルフトークマイナスのセルフトーククリップ法で自己認識輪ゴムを使ったコーピング深呼吸によるコーピングマインドからのコーピング人は意識的に選んだ景色を見ているマインドチャンネルの切り替え方ホメオスタシス・恒常性大切な自分自身との対話朝鮮戦争での最悪の心理戦コントロール感覚と無力感褒められる体験で人は伸びる悲観的になりがちな一般的評価のやり方生きていくために不安や恐れがある現代社会における不安や恐れ沈む気持ちを跳ね返す方法
Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.