「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!


大切な自分自身との対話
メンタルをコントロールして上で、大切なこととして、自分自身との対話があります。

 その方法の一つとして、「ノートに思ったことを書き綴っていく」というものがあります。 リラックスした状況で、特に深いことは考えず、ただただ浮かんでくることを書き記していってみてください。

 アウトプットとして、「書く」ということで、押しとどめていた感情を外に出すことができ、気持ちは随分と楽になります。 また、その感情を外に出したことで、さらにその下にあった感情が現れてくることもあります。

 一番上にある感情が邪魔をして、下でくすぶっている感情が出てこれない状況になっていることもあります。 そういった感情に気づくことで、核心的に何に対してストレスを感じているのか? 何に対して不安を感じているのかといったことが見えてくるのです。

 「上司の会議での発言が腹たった。自分が責められているように感じた。」 「契約をとることはできなかった。でも、心の広い価値観の方に出会えて勉強になった」 「最近、面白いことをしていない。週末はどこかに遊びにいきたい」 「忙しすぎて、飲みにいくこともでいていない。無理やりにでも同期を誘ってのみにいきたい」 など。

 何でもいいのです。 自分のありのままの感情をつづることで、ふと 内容を読んで、自分が考えていることを客観的に見られるようになるのです。

 また、「書く」というアウトプットは、今のご時勢では、面倒なことかもしれません。 なので、パソコンなどを活用して入力し、履歴を残していくことも有効です、 
しかし、敢えて「書く」ことをお奨めします。
 「書く」ことは、入力よりもアウトプットは早いですし、履歴で見返してみれば、内容だけでなく、文字だけでその時の感情を把握できるため、データでの入力よりも情報がたくさんあるのです。

 イライラしていたり、やる気がでていなかったり、楽しかったり、嬉しかったり、 そういったメンタルは書いた内容だけでなく、文字からも見えてくるのです。

 一日一回、場所や時間を見つけてやってみてください。
 心の中にある客観的な自分を知ることができ、自分の核心的な本質と向き合えるようになるのです。

 限られた時間なのに、もったいないと思われるかもしれませんが、しかし、まずは自分の感情を「知る」ということは非常に大切なことです。 自分を知れば知るほど、その対処方法が効果的になるからです。


そもそもストレスって何?ストレスは思考のクセからきているABC理論で思考を変えよう思考と感情を知ればストレスは消える「ねばならぬ思考」が自分を追い詰める実はストレスではなくストレインが問題?すべての「変化」は、ストレスになり得るストレスは、何も悪ばかりではない。重要なのはコントロールストレス下では適切な判断が下せない?!』ストレスには個人差が生じるストレスと認知ストレスに対処するコーピング手法刺激(ストレッサー)へのコーピング評価へのコーピング反応へのコーピング社会的支援によるコーピングコーピングの進め方認知のゆがみを正すセルフトークマイナスのセルフトーククリップ法で自己認識輪ゴムを使ったコーピング深呼吸によるコーピングマインドからのコーピング人は意識的に選んだ景色を見ているマインドチャンネルの切り替え方ホメオスタシス・恒常性大切な自分自身との対話朝鮮戦争での最悪の心理戦コントロール感覚と無力感褒められる体験で人は伸びる悲観的になりがちな一般的評価のやり方生きていくために不安や恐れがある現代社会における不安や恐れ沈む気持ちを跳ね返す方法
Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.