「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!


コントロール感覚と無力感
無力感について
 ストレスについて長年研究をしているカラゼックは、長期間にわたって産業界での大規模な調査を行い、仕事に対するコントロール感覚をうまく持てない人や、周りからの要求(デマンド)が多すぎて自分の力以上の仕事を押し付けられていると感じている人は、そうでない人よりも、心筋梗塞などの虚血性心疾患やうつ症状などの「身体疾患」や「精神疾患」者が多いことを突き止めました。

 このように、仕事にコントロール感覚が持てないと心身ともに疲れてくるのは、動物一般にも見られることです。
 ここで、興味深い事例をご紹介しましょう。
 心理学者セリグマンの学習性無力感の研究です。 これは、「自分が何をやってもムダだと思ってしまうと、動物は何もしなくなる」ということを、実験で実証したのです。実験内容ならびに結果は、次の通り。

 まず、犬をハンモックに縛り付けて電流を流します。 犬に、電気ショックをかけるのです。 その時に、鼻でスイッチを押せば電流を止めることができるようにした犬と、電気ショックの機会と繋がっていない偽のスイッチを使って、何をしても電気ショックを止めることができないようにした犬と、に分けて実験しました。

 電気が流れて脚に電気ショックがくると、犬は何とかそこから逃げようとします。 その時にスイッチで鼻を押すと、電気ショックが止まります。 そのことを発見した犬は、電気ショックが流れても、自分の力でそれを止めることができるということを学習して、自分がある行動をすれば、良い結果が出ると思えるようになるのです。

  しかし、偽のスイッチしか使うことのできない犬は、どうしても電気ショックの苦痛から逃れることができません。 電気ショックが流れた時、偽のスイッチを鼻で押しても何の反応もありません。そうなると自分が何をやってもその苦痛・危機的な状況から逃れられないと思うようになります。 そうすると、次第に犬の動きは悪くなってきます。何をしてもムダだという感覚になっているからです。 この犬は、自分が無力であるということを学習したことになり、自分が行動をしても、良い結果が得られないと思うようになるのです。

自分の力でのコントロール感覚を身につける
次に、このように条件付けした犬を、低い柵で囲まれた所に置いて、その床に電気ショックを流します。その時、柵の外には電流が流れていません。 柵の外に飛び出せば電気ショックから逃げられるようになっています。
 このような状況に置かれたとき、スイッチのついた犬と、偽スイッチのついた犬では、全く異なる反応を示したのです。

 スイッチのついた犬の方がずっと早くに逃げ方をマスターしたのです。 自分が行動すれば問題が解決するということを学習した犬は、床に電気ショックが流れて一時期に驚いて逃げ回っても、どこかに逃げ道があるはずだと思ってそれを探して、電気ショックがきたら飛び跳ねて逃げるということが、かなり早く実行できるようになりました。

 一方、偽スイッチのついた犬は、なかなか電気ショックから逃げることができませんでした。 その後、逃げようともしなくなりました。 そして、弱々しく震えながら苦痛に耐えているだけになりました。

 これは、人間いついても同様です。 何かをすればそれなりの成果が得られるという感覚になれるかどうかで、随分と人のやる気は違ってきます。 逆に、そうした感覚が持てないと、だんだんやる気がなくなり、気分
が沈みこんでしまうものなのです。

 このように、自分でコントロールできないと学習すると、やる気がなくなり、どんどん沈んでいくのです。
 仕事も同じです。仕事の量や質、そして周りからの要求に対して、自分の力でコントロール感覚を身につけなければ、仕事に圧倒され、忙殺されて、それを回避することをしなくなり、どんどんと気分が沈み、ストレスを溜めていってしまうのです。

 特に、そういった傾向が強いのは、几帳面でまじめな人が多いと言われています。 それは、仕事に対して、自分で叱咤激励して無理やりにでもこなしてしまおうとするからです。 「仕事をコントロールする」ということよりも、「仕事をいかにこなすか?」にだけ注力してしまう為です。


そもそもストレスって何?ストレスは思考のクセからきているABC理論で思考を変えよう思考と感情を知ればストレスは消える「ねばならぬ思考」が自分を追い詰める実はストレスではなくストレインが問題?すべての「変化」は、ストレスになり得るストレスは、何も悪ばかりではない。重要なのはコントロールストレス下では適切な判断が下せない?!』ストレスには個人差が生じるストレスと認知ストレスに対処するコーピング手法刺激(ストレッサー)へのコーピング評価へのコーピング反応へのコーピング社会的支援によるコーピングコーピングの進め方認知のゆがみを正すセルフトークマイナスのセルフトーククリップ法で自己認識輪ゴムを使ったコーピング深呼吸によるコーピングマインドからのコーピング人は意識的に選んだ景色を見ているマインドチャンネルの切り替え方ホメオスタシス・恒常性大切な自分自身との対話朝鮮戦争での最悪の心理戦コントロール感覚と無力感褒められる体験で人は伸びる悲観的になりがちな一般的評価のやり方生きていくために不安や恐れがある現代社会における不安や恐れ沈む気持ちを跳ね返す方法
Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.