「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!


思考と感情を知ればストレスは消える
思考と感情について、少し私の実例をお話します。
Aさんが仕事量がいっぱいになり自分だけでは処理できなくなりました。そのため上司から私にAさんを手伝うよう指示がありました。当然私もヒマではありませんので、自分の仕事をこなしながらAさんにレクチャーを受けるべく、時間が空くのをまっていたのですが、自分の知らない間にメールが入ってました。「○○を△△してください。データは□□さんがとっています。」という内容です。私はAさんの仕事はまったく知りませんので、メールを見てもさっぱり意味がわかりません。私はこう感じました。

・こんなメールひとつで人は動くと思っているのか?
・人にお願いするのだからそれなりの頼み方があるだろう?
・わざわざ分かりにくいメールを書かずに直接話をしたらどうだ?

この後30分くらいはイライラしていました。ところがよく考えると私の思考に、「人は常に親切であるべきだ」、「礼儀正しくあるべきだ」という偏りがあるように思います。これが私の思考のクセのようです。

なかなか思考は見えにくい
人は情で動きます。中には理で動く人もいるでしょうが、最終的に人を突き動かす原動力になっているのは基本的には感情です。近年の会社は感情をなるだけ排除するのが良いことだとされる傾向があります。それでも確実に仕事の上でも感情が物事を左右しています。人事などがこの代表例です。
感情が最も表に出る極端な例は殺人事件です。2008年10月に起きた秋葉原通り魔事件も、犯人は仕事の派遣先で周囲が気づかないうちにストレスを溜め込んでいたようです。本来ストレスと感じた感情の元になっている思考があるはずですが、根雪のように降り積もったストレスで、それを感じる余裕もなかったのだと思います。これはとても極端な例ですが、感情は人生のコントロールを奪うほどパワフルなものだということを知っている必要があります。それに対処する方法を身につけていくことが重要です。

感情は怒り、悲しみ、うれしさなど顔や態度に出やすいため、とてもわかりやすいのですが、なかなかその背後にある思考は見えにくいものです。自分が何を考えているかまでは普段意識していないことが多いと思います。日常的に自分が考えていることを絶えずチェックすると、自分の思考のクセが把握できます。ABC理論も自分の思考をチェックする方法の1つですが、べつにこれにこだわる必要はないと思います。まず日常生活の中で感じたことと、どうしてそう思ったのかをノートに書いてみてはどうでしょうか。これだけでもストレスを客観的に見ることができます。

ストレスの正体を突き止める
ネガティブな感情が沸き起こったとき、必ずその背後には偏った思考が介在しています。これが個人の思考のクセです。結局ストレスは自分が偏った思考から作り出しているものなのですが、普通はストレスがどこから来ているかは考えもしません。この結果、正体不明の感情に振り回され、ネガティブな感情に押しつぶされそうになるのです。思考と感情の関係を知り、思考を変えるという対処法があるのだと納得すればストレスは消えていきます。


そもそもストレスって何?ストレスは思考のクセからきているABC理論で思考を変えよう思考と感情を知ればストレスは消える「ねばならぬ思考」が自分を追い詰める実はストレスではなくストレインが問題?すべての「変化」は、ストレスになり得るストレスは、何も悪ばかりではない。重要なのはコントロールストレス下では適切な判断が下せない?!』ストレスには個人差が生じるストレスと認知ストレスに対処するコーピング手法刺激(ストレッサー)へのコーピング評価へのコーピング反応へのコーピング社会的支援によるコーピングコーピングの進め方認知のゆがみを正すセルフトークマイナスのセルフトーククリップ法で自己認識輪ゴムを使ったコーピング深呼吸によるコーピングマインドからのコーピング人は意識的に選んだ景色を見ているマインドチャンネルの切り替え方ホメオスタシス・恒常性大切な自分自身との対話朝鮮戦争での最悪の心理戦コントロール感覚と無力感褒められる体験で人は伸びる悲観的になりがちな一般的評価のやり方生きていくために不安や恐れがある現代社会における不安や恐れ沈む気持ちを跳ね返す方法
Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.