「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!


「ねばならぬ思考」が自分を追い詰める
昔の会社は「和」を重んじる面が多かったのですが、最近の会社組織は競争を前提とした運営がされることが多くなってきました。その結果、完璧主義であることが求められ、短期で結果を出すことが強く求められるようになってきています。この過程で陥りがちなのが「ねばならぬ思考」と呼ばれる考え方で、悪い思考の代表格です。一見責任感があってよさそうに見えるのですが、自分を追い詰めてしまう可能性が高いです。例をあげますと、

自分は常に完璧でなければならない「失敗したら終わりだ!」
他人は自分の意見を聞き入れなければならない「こんな環境では自分は受け入れられない」
絶対に競争に勝たなければならない「負けたら這い上がれない、どうしよう!」
周囲の環境は自分にとって都合よくあらねばならない「この職場は耐えられない」
自分は理想どおりでなければならない「自分は何て価値のない人間なんだ」

「ねばならぬ思考」が引き起こす弊害
  • 悲観絶望
    もう取り返しがつかない、最悪だ、確実に失敗するなど、一方的にすべてを悲観してしまう。

  • 耐性欠乏
    もう耐えられない、我慢できない、限界だ、など

  • 非難卑下
    あの人が悪い、こんなひどい会社はどこを探してもないなど、受け入れがたい状況を否定する。

  • 「ねばならぬ」から「した方がよい」へ
    例えば、「プレゼンを成功させなければならない」と考えたとします。プレゼンは自分の努力でカバーできる面もありますが、どんな人が聞き手となるかによっても結果が大きく左右されます。成功するのが理想的ですが、現実にはそうならないことも多くあるのです。「ねばならぬ思考」はパラドックスを引き起こしてしまうことが多いです。根本的に不確定なものに対し、努力しても実現しないという現実に矛盾が生じてしまうのです。
    そのため、目標を達成できずに悲観的になるか、仮に成功しても一気にやりすぎて燃え尽き、疲弊してしまうことが考えられます。このため「ねばならぬ思考」は悪い思考に分類されるのです。なるべく「○○○したほうが良い(better)」「○○○できたらいいね」という感じで、やるべきことをソフトに捉えると感情をコントロールできるようになります。

    最近よくあるのが、目標そのものが正しくないというパターンです。組織的に掲げられている目標が、実は実現可能性に乏しいということもあります。そこに対して「ねばならぬ思考」をもって取り組むと、疲弊して燃え尽きてしまいます。会社はメンタル面ではあまりケアしてもらえないことが多いですので、自分でほどほどに調整して仕事に当たるのが対策になると思います。


    そもそもストレスって何?ストレスは思考のクセからきているABC理論で思考を変えよう思考と感情を知ればストレスは消える「ねばならぬ思考」が自分を追い詰める実はストレスではなくストレインが問題?すべての「変化」は、ストレスになり得るストレスは、何も悪ばかりではない。重要なのはコントロールストレス下では適切な判断が下せない?!』ストレスには個人差が生じるストレスと認知ストレスに対処するコーピング手法刺激(ストレッサー)へのコーピング評価へのコーピング反応へのコーピング社会的支援によるコーピングコーピングの進め方認知のゆがみを正すセルフトークマイナスのセルフトーククリップ法で自己認識輪ゴムを使ったコーピング深呼吸によるコーピングマインドからのコーピング人は意識的に選んだ景色を見ているマインドチャンネルの切り替え方ホメオスタシス・恒常性大切な自分自身との対話朝鮮戦争での最悪の心理戦コントロール感覚と無力感褒められる体験で人は伸びる悲観的になりがちな一般的評価のやり方生きていくために不安や恐れがある現代社会における不安や恐れ沈む気持ちを跳ね返す方法
    Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.