「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!


案外「イヤだ」でも済まされる
イヤだと感じたことからはさっさと遠ざかってしまいましょう。それができれば苦労しない、イヤでは済まされないことがあるじゃないかという意見もあるでしょうが、果たしてそうでしょうか?過剰な自意識がそう思わせているだけで、実際はイヤなものからさっさと逃げてしまっても問題にならないことが多いです。本当にイヤでは済まされないものはほんの少しで、「イヤなもの」を限定してしまえばいいのです。過剰な自意識を持つと、イヤなものをイヤと割り切れなくなってしまいます。その結果、自分に曖昧な部分を作ってしまうことになります。他人・周囲にどう思われるか気になる、断ったら白い目で見られる、逃げ出せば自分勝手だと思われる、こういった詮索はすべて過剰な自意識によって作られるものです。

避けては通れないものを限定する
本当にイヤで避けては通れないものを限定することで、人の目はあまり気にしなくてすむようになります。
実際にリストアップしてみましょう。

まず仕事。これは仕方ありません。
お金をもらっている以上そこに「イヤだ」を持ち出すわけにはいきませんからね。

他に何があるでしょうか。何もないんです。

ビジネスマンのあなたが会社を仕事の場だと限定できるなら、たかが9時から5時まで。息抜き、昼食、タバコ休憩などは限定外。他にイヤなものはさっさと遠ざかってしまいましょう。おしゃべりもつき合いも気が向かなければさっさと抜け出します。実際に私も気が向かなければ飲み会なんてエントリーしません。3回に1回は欠席しています。
これで何か不都合がおきるでしょうか。特に何も起きないはずです。最初は煙たがられたり、いろいろ言う人が出てくるかも知れませんが、気にしなくてもOK。そのうちあなたのことなんか忘れてしまいます。過剰な自意識は周囲から孤立することを恐れます。誰からも相手にされないことをできるだけ避けようとする意識が働くものです。しかしそうしていると、イヤなものに自分から近づいていく行為がどうしても避けられず、その場に自分を置かなければなりません。自分の意識を殺して、押さえ込んでやらないといけないのです。これが続くと、素朴な感情や五感すら鈍くなってきます。これによって自意識は守られるかもしれませんが、守ったところで何があるでしょうか。生きる確信を失ってまで嫌なものに近づく必要はありません。

世の中「嫌だ」で済まされることが無数にあります。自分を捨ててでもやらねばならない、そんな状況なんてほとんどありません。ただし唯一、仕事には「イヤ」を持ち出さないことが重要です。自分が成長できなくなってしまいますので。


仕事をする意味をもう一度問い直そうなるようになるさお金より自分の時間を大事にする物事に良い/悪いはないつらい状況を俯瞰してみる案外「イヤだ」でも済まされる負けた分だけ人は強くなっていく執着しすぎないいい人でいることをやめてみる迷いも不安も捨てて歩き出す軽い気持ちで自分を突き放してみる自信はなくてあたりまえ不満を持ちすぎていないかライフワークバランスを見直そう後悔するのは悪いことではない昼休みはしっかり休もう逃げるが勝ち捨てる上司あれば拾う上司もあり受けてもいないパンチを恐れない期待は禁物自分の人生は自分でコントロールするうまくいかないとき、あなたはどうする?被害者意識は自分を苦しめるストレスは自分次第で軽くできるどんな状況でも道はひらける他人を変えることはできない「いやな人」からも学ぶ考え方は変わっていい重要なのは状況そのものよりあなたが何をするか行き詰ったら開き直る感情ではなく問題そのものを見る努力ですべて解決できると思わない正論を言えば反発をうける。相手も正しいからキレずに怒る臆病になり過ぎていないかそんなに心を読まなくてもいい愚痴を言うのはあなたが弱いからではない見返りは期待しないプライドなんて捨ててしまおうキャリアアップをあせらない会社はあなたの生き方に責任を持ってくれない謝らない人ほどキレやすい隣の芝は青く見えるどんな会社でも理不尽なところはある人の言うことは半分聞いて半分は流す自分を軽く扱う人間は心の中で切れどんな状況でも自分を嫌いにならないことつらい状況はあなたが成長しようとしている証つらさは人間を磨く砥石相手の立場、考え、性格を尊重する力が及ばなければ速やかにポジションを移る仕事なんて「大いなるヒマつぶし」にすぎない保身を考えない頑張ったら折れる場合は頑張らない生き方は会社が決めるのではなく自分が決める言いたいことを正確に伝えることは難しい休むことも生きること納得いかないときは上司の立場になりきって考える他人の評価はとてもあいまい腹が立つのは相手のせいでなく腹を立てる自分がいるから無理に自分以外の何者かになろうとしない人生たいていのことは満点でなくてもいい白黒つけず、グレーでいく自分をわかってくれると思わない相手を嫌わない他人と自分を比較しない考えても答えが出なければ「もうやめた」で終わりにする会社は単なる営利集団。過剰な思い入れは持たない他人を許してラクに生きる完璧主義はムダだらけ体を壊してまでやる仕事はありえないいつの間にか考えは偏っていく。時には客観視してみる。ゆずり合いの心を持つ人生はマラソン。時期を待つことも必要言いたいヤツには言わせておこう仕事上の勝ち負けなんてどうでもいい相手を全否定しない力を抜いたほうが仕事はうまくいく自分を抑えすぎると生きることに疲れてしまう手に入らないものを追いかけない過去を引きずらない憎しみは人の心理的成長を止める受身の態度は困難を呼び込む職場に自分の居場所を見つけるそんなに相手の言葉を真剣に受け止めなくていい誰も外側からあなたの自尊心を奪うことはできない流れに逆らわないのも一つの生き方勝ちなんて他人に譲ってやるつらい状況も時間がたつと大したことはなくなる意見の衝突を避けず、立ち向かう本当に耐えられなければ逃げてもいい人生は公平ではない手を抜いて仕事しても結構うまくいく言いたいことを抑えすぎると心が病んでしまうかっこ悪くたっていいじゃないか人にどう思われようと気にしないストレスを抱えず人に話そうつらいことも深刻に受け止めない納得いかないことだって受け入れられる仕事がデキる人間でなくても生きていけるいい人ほどストレスをためやすい人には思いたいように思わせておく怒って得をすることは何もない確信があるように振舞えば確信は生まれてくる小さなストレスには立ち向かい、大きなストレスからは逃れる現状は変えられなくても感じ方は変えられる気合を入れて仕事をしても結果は同じもっともっと楽に生きよういつでも何度でもチャンスはある昔の自分と張り合っていませんか

Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.