「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!
知っておきたいストレス症状

不安障害(神経症)

ストレスと同じように、誰でも不安を感じることはあります。不安や恐怖は、私たちが身の危険を察知して
自分を守るために必要不可欠なシステム。もしも不安を感じることができなくなってしまっては、
私たちは危険から逃れることができず自分を守ることができません。
しかし、この不安感がエスカレートするのも困りもの。
不安な状態が継続すると、社会生活を送る上で支障をきたすようになります。
このように不安感が症状の中心となる病気を「不安障害」と呼びます。

健康的な不安、病的な不安
不安とは、精神医学の世界では、「漠然とした恐れの感情」と定義されています。
また一口に不安といっても、健康な人が経験する言わば「健康的な不安」と、
不安障害の特徴とも言える「病的な不安」とがあります。

【健康的な不安とは】
・不安を感じるにふさわしい理由がある
・言葉で表現可能であり、他人に理解してもらえる
・あまり長くは継続しない

【病的な不安とは】
・不安を感じるにふさわしい理由がない
・言葉で表現するのが難しく他人に理解してもらえない
・長く継続する

…上記から分かるように、不安障害に苦しむ方は、不安感情そのもの対する苦しみと、
「理解してもらえない」という苦しみの二重のストレスにさらされているわけです。

様々な「不安障害」
さて、この不安障害ですが、症状ごとにいくつかの種類に分類されています。
ここでは、代表的な不安障害をいくつか挙げてみたいと思います。

・社会不安障害
 人前で話をしたり一対一で他人と接する場などで、
 必要以上に不安や緊張、ストレスを感じ、
 その不安感から手が震えたり動悸や吐き気に襲われるといった症状です。
 このような状況を避ける「回避行動」のため、
 学校や会社に行けなくなってしまうケースも少なくありません。

・対人恐怖症
 その名の通り、他人と同席する場面において強い不安や緊張感、ストレスを覚える病気です。
 特に日本では最もポピュラーな症状であると言われています。

・パニック障害 
 胸がドキドキして「このまま死ぬのではないか」
 とさえ思えるような息苦さに襲われるパニック発作で発症する病気です。
 この発作がまた起こるのではないか、起こったらどうしよう…。
 という強い不安感がストレスとなり、
 外出できなくなるなど社会生活に支障をきたすのがこの病気の特徴です。

・全般性不安障害
 過剰な不安と心配が6か月以上にわたって続きます。
 また、それを自分でコントロールすることができません。
 その他、緊張や過敏、集中困難、易刺激性、睡眠障害、疲労感などの症状が出ます。

・強迫性障害
 自分でもバカバカしいと分かっている考えが繰り返し頭に浮かんできて、
 止めようと思ってもどうしても止められずに苦しむ病気です。
 例えば、不潔な気がして何度も手を洗わずにはいられない、
 鍵を閉めた自信がなくて何度も確認せずにはいられない・・・といった行動が特徴的です。
 その強迫観念を打ちけそうとして、さらに強迫行為を続けてしまうようです。

・心的外傷後ストレス障害
 いわゆる、PTSDのことです。命に関わるような出来事を体験した後、
 「ふとした瞬間にその時の光景がフラッシュバックする」「悪夢にうなされる」
 「不安・緊張の強い状態に苦しめられる」などの症状がみられます。

・適応障害
 学校や会社、地域社会など、ある社会環境にうまく適応することができず、
 そのストレスにより様々な心身症状が表れる病気です。
 不安、焦燥、頭痛、腹痛、食欲不振、睡眠障害などの症状の他、
 遅刻や欠勤、不登校といった問題行動も出てきます。
 それにより社会的機能が著しく低下し、引きこもりとなるケースも多いようです。

不安障害の治療法
不安障害は、もともと神経症という名前で呼ばれていました。
「不安障害」と呼称が変更された主な要因は、
この障害の病態を心理的なレベルのみならず脳機能の側面からも捉え、
診断・治療しようという動きが活発化したからです。 
つまり、病的な不安を感じる状態というのは、
脳内の神経伝達機能になんらかの異常が生じているものと考えられるようになったのです。
そのため、治療法としても薬物療法を用いられることが多いようです。
この薬物療法に認知行動療法を組み合わせた治療が主流です。
例えば、近年増加しているパニック障害は、
SSRIと呼ばれる薬によって脳内の神経伝達物質のバランスを整え、
パニック発作をコントロールすることから始めます。
発作がある程度治まってから、
それまで回避していた状況や場所に自ら立ち向かって挑戦する治療に移行していきます。

日常生活の中で誰でも感じる不安。
でも、最近感じる不安感はちょっといつもと違うような気がする…。
そう思ったら、迷わず専門医を受診してみましょう。
ストレスフルで“こころの不安”が当たり前の時代だからこそ、
自分の心の声に耳を傾ける余裕を持ちたいものですね。


Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.