「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!
知っておきたいストレス症状

強迫性障害(潔癖症候群)

意味がないことだと自分でも分かっていながら、ある行動を繰り返さずにはいられない。
ある考えを頭の中から消去することができない…。
強迫性障害は、そんな強迫行為と強迫観念に苦しめられる病気です。
具体的には、次のような症状があります。

・手を洗うのがやめられず、痛くなるまで洗い続けてしまう。
・ドアのノブや電車のつり革など、大勢の人が触るものに触れられない
・鍵をかけたか、ガスの栓を締めたかなど何度も何度も確認せずにはいられない。
・馬鹿げていると分かっているのに、繰り返し頭の中に起こってくる考えや不安がある。
・ 整理整頓や左右対称であること、順序正しいことなどに極端にこだわり過ぎてしまう。

誰にでも、ちょっとしたことが気になって確認せずにいられないことや、
心配ごとが頭から離れないことはあると思います。
しかし、それが日常生活に支障をきたすようだと、強迫性障害の可能性が疑われます。
原因としては、脳内の「セロトニン」という神経伝達物質の量のバランスが崩れてしまうことで
発症すると考えられています。そこで、治療法としては、
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)という薬を用いた薬物療法が有効であると言われています。
また、ストレスそのものが原因で強迫性障害を発症することは少ないものの、
ストレスが症状を悪化させることは多いようです。
何か大きなストレスを感じたり生活環境が変わった時には注意が必要かもしれませんね。


Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.