「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!
知っておきたいストレス症状

狭心症

狭心症は、心筋への血液供給が不足することによって起こります。
心筋とは心臓を構成する筋肉のこと。心筋は冠状動脈から血液を受け取っているのですが、
この冠状動脈に何らかの異常が生じると心筋に十分な血液を供給することができなくなってしまうのです。
何らかの異常…一体、私たちの心臓でどんな異常が起こっているのでしょうか

症状の現れ方
心筋に血液を供給する冠状動脈は、その内腔が健康な人でも直径約2.5〜3.5mmしかないのです。
つまり、動脈硬化が進行している場合は、さらに狭くなっているというわけです。
こうなると当然、心筋が必要とする量の血液は送られなくなってしまいますよね?
その結果、心筋がエネルギー不足となり狭心発作が起こるわけです。
代表的な症状としては、「胸の奥が痛い」「胸が締め付けられるように痛む」「胸を押さえつけられたような痛み」などが
挙げられ、その痛みは15分程度続きます。
痛みの程度も様々で、冷や汗をかくような激しい痛みの場合もあれば、ちょっとした違和感程度で終わる場合も
あるようです。また、胸部だけではなく、胃の辺りや背中、のど、左肩の痛みとして表れることもあります。

ストレスとの関連性は?
脳がストレスを感じると、自律神経系の交感神経を興奮させます。
交感神経とは、身体を言わば「戦闘モード」にする神経のこと。
身体を緊張させて活動性を高める働きがあります。
この交感神経、ストレスによって興奮すると循環器系に多大な影響を及ぼします。
例えば血中内のアドレナリンやノルアドレナリン量が増加し、それによって血管が収縮します。
すると、結果的には血圧が上昇し、心臓は「もっと酸素をくれ!」とシグナルを出し始めます。
しかし血液の供給は追い付かない…。
心臓の一部は酸素不足の状態となり、これが狭心症や心筋梗塞を発症する原因になると言われているのです。
つまり、ストレスは狭心症を引き起こす原因の一つと考えられます。
仕事や人間関係でストレスを感じる機会が多い方は、要注意です!

こんな人は要注意!!
みなさんは、「A型行動性格」という言葉をご存知でしょうか?
「タイプA」と表現されることもありますが、まじめで几帳面、完璧主義で責任感が強い
性格の人を指してこう呼びます。これに対して「B型行動性格」とは、マイペースなタイプの人を指します。
実はこの性格傾向、ストレスのたまりやすさに深い関連があり、
A型人間のほうが圧倒的にストレスをためこみやすいと言われているんです。
上記Bでも述べたように、ストレスは自律神経系の働きに影響を及ぼし、
結果として狭心症を引き起こす原因ともなります。
また、狭心症などの循環器系の不調は生活習慣とも密接な関わりがあります。
不規則な生活、偏った栄養の食事が続いている方は病気の下地ができてしまっている危険性も…。
過重なストレス、そして不規則な生活。思い当たる方も多いのではないでしょうか?
忙しいのは分かりますが、もう少し自分の体を気遣ってあげてくださいね。

狭心症の治療法
狭心症の治療法には、大きく分けて3つの方法があります。

・薬物療法
 血液をさらさらにする薬と、心臓の仕事量を減らす薬、心臓の負担を減らして血管を拡張する薬などを処方されることが多いようです。

・経皮的冠動脈形成術(カテーテルインターベンション)
 細い管を冠動脈の入口に固定し、狭窄部にバルーン(風船)をもっていき、脂肪の付着などで狭くなった血管内側を押し広げる治療法です。

・冠動脈バイパス手術
 狭くなった血管の先に他の部分の血管をつなぐ手術です。もちろん、全身麻酔下で行われます。

上記のうち、どの治療を選択するかは、患者さん症状により異なりますので、
担当医の判断に委ねるケースがほとんどです。

狭心症の発症と進行にはストレスが密接に関わっています。
狭心症を予防するため、また、症状の進行を抑制するためにも、

・周囲の評価を気にし過すぎない
・普段から上手なストレス発散を心がける。
・たまには愚痴をこぼす。
・無駄な残業を切り上げる勇気を持つ。
・時には開き直る。

…これらのことを心がけ、過度なストレスをためこまないよう努力することが大切です。


Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.