「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!
知っておきたいストレス症状

社会不安障害

人前で話すのが得意だという人もいれば、
人前に出ただけでドキドキして頭の中が真白なってしまう!というほどあがり症な人もいるでしょう。
ミーティングや会議、冠婚葬祭でのスピーチなどは、
どんなに物怖じしない人でも多少は緊張したり身構えたりするものです。
しかし、その緊張が高じて「恥をかくのではないか」という不安から人前に出られなくなってしまったり、
会社に行けなくなってしまったりした場合は社会不安障害の可能性があります。

具体的にはどんな症状?
社会不安障害といっても、症状は人それぞれです。
社会不安障害で最も多いケースが、一対一で他人と接する時に緊張を感じるという「対人緊張」です。
他にも以下のような症状があります

・人前で文字を書く時に手が震えてしまう。
・人前で話をしたり、電話をかけたりすることができなくなる。
・人の視線を意識したとたんに赤面してしまう。
・人前で食事をする時に緊張してしまい、食べられなくなってしまう

どんな人がなりやすいの?
社会不安障害になりやすい人は、「人から認められたい」「評価されたい」という気持ちが強く、
無理をして頑張り過ぎてしまうタイプに多いと言われています。
同時に、自分自身に対して非常に厳しく、
「こんなんじゃまだまだだ。」「自分は駄目だ」と自己否定的な考えが強いのも特徴的です。
そのため、ストレスをため込みやすいタイプとも言えるでしょう。
思ったような評価が得られないと、「やっぱり自分は駄目だ」という否定的な思考が強くなり、
ますます自分を追い詰めていくことになります。
こういった感情は過度の緊張や不安感を生じさせ、
その結果、動悸や息切れ、発汗、手脚の震えといったストレス症状となって表れてくるのです。
ただでさえ人の評価を気にするタイプの人です。
今度は、そんな緊張している姿を人に見られたら恥をかくのではないかと心配するようになります。
何とか症状を抑えようとすればするほど心身にはストレスがかかり、ますます緊張してしまう…。
こういった悪循環が続いた結果、とうとう人前に出ることすらできなくなってしまうこともあるんです。
また、社会不安障害は、20代前半までに発症することが多いというデータもあります。
つまり、この社会不安障害が原因で学校に行けなくなってしまう若年層も多いということです。

社会不安障害の治療法とは
社会不安障害は、そのまま放っておいて症状が改善するものではありません。
一人で悩まず、然るべき治療を受けることをおススメします。
社会不安障害に対する治療法には、薬物療法、認知行動療法、精神分析的精神療法があります。

・薬物療法
 社会不安障害は、神経伝達物質であるセロトニンの分泌バランスが崩れていることによって
 起こるのではないかと考えられています。
 そのため、そのセロトニン量のバランスを調整するためにも、
 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の服用が効果的であると言われています。
 他にも、ベンゾジアゼピン系抗不安薬や、高血圧症の治療に使われるβ遮断薬などを
 用いるケースもあるようです。

・認知行動療法
 認知行動療法とは、「不安」を引き起こす誤った認知パターンを修正することによって
 症状を改善させる手法のことです。
 例えば、なぜ人前に出ると過度に緊張してしまうのか?
 なぜ、人目を意識すると強いストレスを感じてしまうのか?
 …自分の中で起こっているメカニズムを理解し、同時に、不安を和らげるための呼吸法や
 リラックス法も身につけていきます。
 また、あえて不安な状況に身を曝して刺激に慣らしていく「エクスポージャー」と呼ばれる
 治療法を行うこともあります。

・精神分析的精神療法
 日本では、森田療法が有名です。森田療法では、不安感は人間の自然な感情であり、
 「生きたい」という欲求と表裏一体のものであると考えます。
 ですから、無理に不安を排除しようとするのではなく「あるがまま」にその不安感と向き合い、
 その裏側にある「生きたい」という気持ちを生かして症状を改善していくことを目指していくのです。

近年、社会不安障害を発病する人は増加しており、世界的に見ても決して珍しい病気ではないと
認識されています。
何かとストレスの多い現代社会ですから、緊張したり不安を感じたりする機会も多いでしょう。
しかし、そういった症状で悩んでいるのはあなただけではありません。
同じような悩みを抱えている人はたくさんいますし、ストレス症状で悩むことは
決して恥ずかしいことではないのです。
「この不安感は、ちょっと普通じゃないかも・・・」と感じたら、
なるべく早めに、気軽な気持ちで専門医を受診されることをおススメしたいですね。



Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.