「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!
知っておきたいストレス症状

書けい(震え)

人前で話をする時、緊張で声が震えてしまったり声が裏返ってしまったりすることってありますよね。
同じように、人前で文字を書くときなどに手が震えてしまうという症状があります。
これは書けい(震え)といって、結婚式や葬式の記帳、ホテルに泊まる時のサイン、お客様にお茶を差し出す時、
お酒を注ぐ時などに手が震えてしまうというもの。中には、人前で食事をする時、
手が震えて箸が持てないという人もいます。

この書けい(震え)は対人恐怖症の一つと考えられており、人前で感じるストレスが原因です。
しかし、人づきあいに対してはさほどストレスを感じておらず、文字を書いたりコップを持つ時のみ
手が震えるという方が多いようです。

書けいは、一般的に、働き盛りの人や管理職に就いている人が発症しやすいと言われています。
治療としては、抗不安薬を少量服用するだけで改善することが多いようです。
ただ、薬が効いたからといってそこで治療をストップするわけではなく、
緊張に対する心構えなどのカウンセリングも含めて長いある程度の通院期間は必要です。
また、書けい(震え)の治療には、V.E.クランクルが提唱した「逆説志向」という考え方も効果的なようです。
これは、「症状がもっと悪くなってもいい」と、開き直る考え方のこと。
そう考えることによって自分を突き放し、自分自身を客観的な目で見られるようになるのです。
いずれにしても、先を焦らずじっくり時間をかけて治療することが大切ですね。


Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.