「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!
知っておきたいストレス症状

たかがストレスとあなどるなかれ

長引く不況で経費や人件費も削減され、
「仕事しづらいな〜」とストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。
職場の人間関係や、仕事そのものへの不満など、働く私たちのストレスの原因は様々。
しかし、たかがストレスとあなどってはいけません。
「今どき、ストレスなんて誰にでもある」といった理由から、
小さなストレスは無視されがちですが、
ストレスにさらされ続けると心身に変化が表れてきます。
実はその変化、「ちょっと疲れてるのかな」と
見過ごされがちな小さな変化である場合が多いのです。

例えば、少し動いただけで疲れてしまう。
いつもは階段派だったのに、気付けばエスカレーターを使っている。
よく眠れなかったり、朝早く目が覚めてしまったりする。
はっきりした理由がないのに気分が落ち込んでしまう。
仕事に関してもそれ以外のことに対してもやる気が出ない。
簡単なはずの仕事に時間がかかるようになった。
そしてなにより、楽しいと思えることが少なくなった。
…他にも、原因もなくイライラしてしまったり、ささいなことに不安を覚えたり、
感情が激しやすく、不機嫌、怒り、興奮、高揚などの不快な情動的反応が起こったりします。
肩こりや頭痛、便秘なども実はストレスが原因になっているケースが多いです。
これらのストレス反応をうまく低減できなければ、このストレス反応が長期間に渡って表れ続け、
精神疾患や身体的疾患といったストレス性疾患に移行する可能性だってあるのです。

みなさんの職場にも、うつ病や適応障害といった精神的な障害を理由に長期休職している方が見えるかもしれません。
ストレスを感じている誰もが、そういった疾患に移行してしまう可能性だってあるのです。
ちょっとしたサインを見逃さず、うつ病になる前に
そのストレスの原因に対処するよう心掛けることが大切です。
特に30歳前後の世代は職場で上司や部下の板挟み状態に陥ることも多く、
また、仕事量も多いために他の年代よりもストレスを感じやすい環境にあるといえるでしょう。
とにかく、忙しい時こそ基本的な体調管理を怠らないことです。
体と心は別々のものではなく、
身体に疲労がたまってくれば仕事に対するモチベーションが落ちてもきますし、
体力がなければ前向きな気持ちを維持し続けることもできません。
忙しいときこそ、思い切って身体を休めるという潔さを持つことも必要です。

また、ストレスをため込みやすい人の共通点として、
「責任感が強い」「完璧主義なところがある」
「人に頼るのが下手」「負けず嫌いで弱音を吐けない」という特徴があります。
最近、体がダルイな…と感じているあなた。
あなたは大丈夫だと思っていても、あなたの心身は弱音を吐いているのではありませんか?
長い仕事人生、たまには自分をいたわってあげることも必要ですよ。
ストレスを軽減させるためには、考え方を変えたり、行動を変えたりといった
具体的な対策を取ることが大事です。
例えば仕事がうまくいかないことにストレスを感じているのなら、
なぜうまくいかないのかを考えてみます。
「自分にはこの仕事が向いていないから」という答えしか出せないようであれば、
その考え方自体をもっと前向きなものに変える必要があります。
向いていない、で済ませてしまっていては、
辞める以外に解決の策がなくその状況がさらにストレスになってしまいます。

しかし、「知識や経験が足りないから失敗する」という考え方ができるようになればどうでしょう?
経験が足りないなら、経験を増やせばいい。そうすれば失敗も減るのではないか。と、
自分が取るべき行動が具体的に見えてきますよね。
このように考え方を前向きに修正するにも、心身のエネルギーを充実させることが大切です。
まずは、バランスの良い食事を取り、なるべく心身を休ませる努力をしてみましょう。
大丈夫。ストレスは病気ではありません。誰でもかかる、風邪の初期症状のようなものです。
引き始めの風邪が、早めの就寝と栄養で治ってしまうように、
軽いうちに手を打っておくことが大切なのです。
また、自分のストレスはどこに表れやすいのかをあらかじめ知っておき、
日頃から自己診断することも大事。
ちょっとストレスがたまっているなと感じたら、積極的にストレス解消を心がけましょう。



Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.