「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!
知っておきたいストレス症状

仮面うつ病

うつ病はうつ病でも、気分のほうではなく身体の症状が強く表れてくるのが仮面うつ病。
精神的な症状が「マスク」されているという意味でこのような名称で呼ばれています。
症状としては、便秘や下痢といった消化器系の症状や、頭痛、全身のだるさなどを訴えます。

そのため、内科を受診することが多いのですが、
誤って自律神経失調症と診断されてしまうことが多いようです。
これは、身体的な症状ばかりが前面に表れ、
精神的な症状が仮面の下に隠されているために本人が「うつ病」であることに気付かないからです。
そのまま治療を続けても症状が改善せず、
心療内科を受診して初めて仮面うつ病だと気づくケースが少なくありません。

仮面うつ病は、真面目で努力家の人がなりやすいと言われ、
バリバリ働くサラリーマンに増加しているとデータがあります。
このタイプの人は、仕事や人間関係で強いストレスにさらされているにも関わらず、
自分ではそのストレスを自覚できない、またはストレスを感じていることを認めたくない、
という傾向が強いのかもしれませんね。

症状を紛らわそうとして、アルコールに依存してしまう例もあるので要注意です。
しかし、身体症状が現れるということは、体全体がSOS信号を発しているということ。
「疲れているだけだ」とか「ただの気のせいだ」と軽く考えず、
自分のライフスタイルやストレスの元について、
一度じっくり考えてみる必要があるのではないでしょうか。


Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.