「仕事のストレスケア」  仕事のストレスとうまくつきあい、
乗り切っていく考え方をご紹介します。心が楽になる考え方、
メンタル面で強くなっていく方法、ストレス関連エッセイなど。

はじめての方
運営方針や「仕事のストレスケア」を運営するきっかけとなった体験談について書いてあります。

気持ちが楽になる考え方
成果ばかりが求められる会社。ここ10年で人間関係は希薄なものになり、働き方も大きく変わりました。真面目なだけでは仕事はやっていけません。こんな中でもうまくやっていくには心の柔軟性が必要です。会社では学べない、気持ちが楽になる考え方をたくさんご紹介します。

そもそもストレスって何だろう?
ストレスにへこまされないためにメンタル面で強くなっていく方法、ストレスとうまく付き合っていく考え方をご紹介します。ストレスは悪いものだという考え方が一般的ですが、実は仕事をする上で、ある程度は必要なものです。ストレスとは何か、自分の心の動きを見つめながら考えてみましょう。

知っておきたいストレス症状
ストレスという言葉は広く知られていても、ストレス症状についてはまだあまり認知されていません。えっ?これってストレスからくる症状だったんだと驚かれる方も多いのでは?単なる運動不足だけでなく、その症状はストレスからきているのかも知れません。早めにストレスを認識して体をいたわるよう心がけましょう。

ストレス徒然草
仕事をしているといろんなことがあります。いやなこと、理不尽なこと、納得いかないこと・・・。世の中自分の都合で動いてくれることって少ないのかも。でも視点を変えれば、いままであれほどイヤだった状況が一変することもあります。仕事でつれづれなるままに起こるストレス関連の出来事、いろんな視点で見ていきます。

リンク集
相互リンクサイト様や、お世話になっているサイト様をご紹介しています。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらからどうぞ!


運営のきっかけ
このサイトは管理人が仕事をしていく上で体験したこと、ストレスに対する考え方、かわし方などをご紹介する目的で設立しました。近年の会社は成果主義を掲げ、欧米のやり方を積極的に導入してきました。その結果、人間関係は希薄でギスギスしたものになってしまいました。従来、日本は家族的な会社運営をしており、社員を大切に扱う考え方が主流でしたが、最近は一人当たりの仕事量は増え、納期も短くなりました。周囲に気を配る余裕がなくなり、隣の人がどんな仕事をしているか、どんなことで困っているのかさえ把握するのも難しくなってきています。私の働いている職場でも、社員同士の横のつながりがあまり見られなくなったように思います。

私はプレッシャーに強い方ではありません。若いときはそれでも現場でがむしゃらになって仕事し、認めてもらうことができました。しかし職場を変わってから、雰囲気が一変します。周囲はスマートなやり方を好み、私のようなドロくさい仕事は受け入れられる感じがまったくしません。その職場は若い人間が多いため、下からの目も気になり始めました。現場から離れたところでメールと電話での対応・・・。周囲とも強調できず、上司ともなんとなくウマが合いません。おまけにデスクワークで肩がこってしまい、腰を痛めてしまいました。飲み会にでても会話することがなく非常に億劫で、職場にいづらさを感じました。

その後ストレスに追い詰められ、自分ではどうしようもなくなりました。常に仕事のつらさが頭から抜けなくなったため、いろんなことをやりました。心療内科に行ったり、産業カウンセラーに相談したり、本に救いを求めたり、気分転換で外に出歩いたりとジタバタともがきました。悩みに悩んで、自分では結論がでなかったのですが、そのうち、ふと自分の考え方を変える必要性があるとおもいはじめました。成果主義、プレッシャー、ストレス・・・。これを意識しすぎ、振り回されていはしなかったかと落ち着いて考えたのです。自分を追い詰めることをやめるようにしてみました。まだ不安に駆られるときもあります。しかし考え方を変え、気を楽にすることで、現状はかわらなくても自分の感じ方を変えることができつつあります。

ストレスの対処法は人それぞれですが、私のように考え方を変えることで、これまで悩んできたことが嘘のように消えてなくなってしまうこともあるかと思います。このサイトがあなたの考え方変えるきっかけになれば幸いです。

仕事のストレスケア 管理人 2009年3月吉日



Copyright (C) 2009 仕事のストレスケア All Rights Reserved.